ヤミ金への対応マニュアル〜そもそもヤミ金とは〜

 勤め先や家族、親戚に知られる前になんとかしたい
 返しても返しても完済できない
 督促の電話が怖くて耐えられない
 ヤミ金のことを誰にも相談できない

あなたはこんな悩みをお持ちじゃありませんか?
2010年6月に施行された改正貸金業法によって消費者金融などからの借入が制限された結果、ヤミ金の被害が拡大傾向にあります。

 

ヤミ金被害をこれ以上増やさないためにも、今こそ行動しましょう!
まずヤミ金の実態を知ることでヤミ金の対応に生かして下さい。

 

ヤミ金は違法営業なのでそもそも返す必要がない

ヤミ金とは貸金業者としての登録をしていない業者のことを指します。
ヤミ金業者の手口ですが、あらゆる手段を使ってお金を借りさせます。
そして法外な金利でできるだけ長い期間利息や元金を取り続けることが目的なので、まず完済もさせてもらえません。
どんなに完済しようとしても、いろんな言い訳でかわされてしまうのがオチなのです。
もしヤミ金からお金を借りてしまったと気づいたら、まずは法律事務所など専門家に連絡して下さい。

 

ちなみにヤミ金は違法(貸金業者ではない)なので、返す必要がないことをご存知ない方もいらっしゃると思います。
ヤミ金から借りたお金は1円も返す必要がないんです。
ですが、家族や職場などへの連絡を恐れて払ってしまう方が非常に多いのが現実です。

 

ヤミ金の特徴

  • 営業も督促も電話は全て携帯電話
  • 最初の営業は普通の貸金業者を装って電話してくる
  • 実在する大手の消費者金融、信販会社、銀行系列ノンバンクなどに類似した社名を名乗っていることが多い
  • 貸金業の登録番号を示さない(番号の偽造はある)
  • チラシや張り紙にに「生活保護 主婦 自己破産 債務整理 ブラックOK」などと記載されている

 

ヤミ金は基本的に電話しかしてこない(家や会社にはは来ない)

ヤミ金の営業は電話が基本で、足がつきにくい携帯電話を多用します。
「○○金融」というような看板をかけて事務所を構えることもありません。
(マンションの1室で従業員がひたすら携帯から督促の電話をしているイメージです)。

 

消費者金融の利用者のリストなどを秘密のルートから購入して電話で営業をかけたりしています。
最初はヤミ金であると気づかれないために、消費者金融の従業員や銀行系列のノンバンクの従業員を装って電話をかけてきます。
もし、この電話でで口座番号を聞かれて答えてしまったら、ヤミ金からお金が振り込まれ怒涛の取り立て電話がスタートするという流れになります。

 

ヤミ金の取り立ても全て携帯電話からかかってきます。
ドラマや映画であるような取り立てに来るというような業者はまずいませんので安心して下さい。
「家に来る」とか「さらいに行く」などはただの脅しで、実際に来ることはないので落ち着いて対応しましょう。
さんざん怒鳴り散らして「取り立てに行く」と脅されても取り立てには来ません。
なぜなら取り立てに行くと捕まってしまうリスクがあるからです。

 

 

ヤミ金の従業員は一般人

ヤミ金のオーナー(金主)はお金を出して従業員に指示を出している人で、あまり自分で営業はしません。
比較的大きな組織になるとオーナーの下に番頭がいたり、営業と取り立てにそれぞれ役割分担されている場合もあります。
ヤミ金の従業員は不良くずれ、元フリーター、普通の学生などが大半で、電話で怒鳴っていても実は演じているだけだったりします。

 

督促担当の従業員は勤務時間中は携帯電話からひたすら督促の電話をかけます。
そして勤務時間もある程度決まっているので夜や土日に電話はかかってきません。
従業員の給料は歩合制なので一人の督促だけに長時間を割いたりもしません。
従業員の立場で考えると、できるだけ多くのお客に電話をして支払いをさせた方が効率がいいからです。

 

いかがですか?
ヤミ金の手口は意外と単純で、「完済はさせずに取れるだけ取る」をひたすら繰り返します。
怒鳴るだけではなく、家族、近所、勤務先などへの嫌がらせもあなたへの支払いを迫る常套手段です。
あなたからの支払いが見込めなくなったら次は家族が狙われます。
ヤミ金の電話攻撃は半端じゃない(しつこい、巧妙、人間の弱い真理をついてくる)ので出来るだけ早く法律事務所に相談して下さい。

ヤミ金対応マニュアル〜とるべき対応〜

まずあなたがお金を借りる時に勤務先、家族や親族の電話番号まで教えている前提で書いています。
ヤミ金に苦しめられているあなたがとるべき対応は5つです。

 

 

法律事務所へ相談する

 

まずは専門家である法律事務所への相談をおすすめします。
相談は無料、依頼した場合の費用は1社5万円というのが大体の相場です。
そして督促の電話をすぐにでも止めたいなら、迷わず専門家へ依頼しましょう!

 

借り手の家族なら職場への説明も理解は得やすいと思います。

 

ヤミ金の対応は自力では簡単には出来ませんが、専門家に依頼すると驚くほど簡単に解決できることをまず覚えておいて下さい。

 

嫌がらせへの対応

あなたやあなたのご近所へのピザや寿司の宅配、救急車や消防車を呼ばれることもあります。
不審な郵便物を送り付けるなど古典的な嫌がらせからインターネットの掲示板への個人情報の書き込みなどの嫌がらせもあります。
とにかく思いつく限りの嫌がらせをされることが予想されます。

 

先回りして対応するのは実際にはかなり難しいですが、一度嫌がらせを受けた手口に対しては事情を説明して同じ嫌がらせが繰り返されないようにするしかありません。

 

家族や親族への対応

電話番号を教えた事を素直に謝って事情を説明します。
そして嫌がらせや督促の電話があったらすぐに着信拒否してもらうようにお願いします。
ヤミ金業者は複数の電話番号を持っていますが、それら全てを着信拒否するぐらいの覚悟が必要です。

 

あなた自身の対応

ヤミ金とは交渉する必要はありません。
ヤミ金の要求通り連絡を取り合う必要もありません。
あなたへの電話が着信拒否になれば、会社や家族・親族に督促の電話が鳴り続ける状態になるわけですが、上記の対応ができているのであれば問題はありません。
ヤミ金からの電話や嫌がらせを目安として1ヶ月無視できれば、ヤミ金は向こうから諦めて手を引く可能性が出てきます。
リスクを冒してわざわざ取り立てに出向いてくる可能性はほぼゼロですから、電話攻撃や嫌がらせ対策を完璧に防げば勝利は目前です。

 

職場への対応

順調に支払いができているうちは問題ありません。
しかしすぐに限界は来てしまい、そのうち職場にも電話がかかってくるようになります。
相談できる上司がいるのであれば正直に打ち明けて職場全体での対応を取ってもらうことも考えて下さい。
具体的には・・・

  • かかってきた電話の内容を細かくメモして「警察に通報する」と相手に告げて警察に相談する
  • あなたがもう会社を辞めたことにしてもらう
  • かかってきた電話番号を全て控えておき、営業妨害を理由に警察に電話番号の凍結を相談する

 

あなた自身が借り手の場合は、よほど追い込まれた状況でない限り職場へヤミ金の事を話すのは辛いでしょう。
それにヤミ金に借金があるということを会社や同僚に知られてしまうのは困るという方もいるはずです。
同様に家族や知人、ご近所に対してヤミ金の借金を知られるのは抵抗があるという方もいるでしょう。
警察は民事不介入の原則があるので、具体的な脅迫・暴力・営業妨害などがないとなかなか動いてくれません。
では、どうするか・・・。
ヤミ金対応に慣れている法律事務所に連絡して下さい。

 

職場にヤミ金からお金を借りていることを知られてしまうと、最悪のケースでは会社にいられなくなることもあり得るでしょう。
ヤミ金の問題が解決した後に、肝心の仕事(収入)がないのは大きな打撃です。
できることなら職場にバレてしまう前に確実な対策をとって下さい。

ヤミ金の対応ならこの法律事務所


ここからはヤミ金の対応で実績も十分なおすすめの法律事務所をご紹介します。
普通の弁護士事務所や司法書士事務所でヤミ金問題を扱っているところは少ないので、特に地方では探すのが大変です。
しかし、ここで紹介する事務所はヤミ金対応の実績が多く、ヤミ金に強い解決率の高い事務所ばかりです。
全て全国対応&相談無料なので、お住まいの地域に関係なくまずは気になった事務所に相談してみることをオススメします。
どの事務所でも督促の電話を止めさせるのは最短即日、解決までに通常1週間くらいと思っておいて下さい。
ちなみに「弁護士」が在籍する法律事務所と「司法書士」が在籍する法務事務所はヤミ金対応に関しては費用面も含め特に優劣はありません。

 

 

ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所の特徴

  • 実績が多くヤミ金業界の中では有名な事務所
  • 警察との連携に強み
  • 1円たりとも払わせない強気の対応

ジャパンネット法務事務所の総評

ヤミ金や債務整理など借金整理に特化した法律事務所です。 代表の男性は白髪で温厚なイメージがありますが、実務は経験豊富な弁護士、司法書士などが多く在籍しているので対応も非常にスピーディです。 何よりスゴイのはヤミ金業者の多くは「ジャパンネット法務事務所」の名前を聞いただけで督促を止めてしまうほど有名だということ。警察にも太い繋がりがあるので、抵抗するヤミ金業者は潰すという力強い法律事務所です。

電話で無料相談
0120-064-582

 
 

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

エストリーガルオフィスの特徴

  • 借金問題に精通している
  • 成功報酬は1社あたり40,000円(税別)で安い
  • メール相談は24時間受付

エストリーガルオフィスの総評

代表司法書士の東口さんは借金問題に強い、経験豊富な事務所です。 闇金を相手にする事務所なので強面かと思いきや、温厚な方でどんな悩みでも相談しやすいですよ。 相談は無料で正式に依頼した場合の報酬は40,000円(税別)で他の事務所より安いのがポイント。 もちろん全国対応なので、まずは気軽にお電話してみてください。

電話で無料相談
0120-059-894

 
 

ヤミ金被害相談ならクレアティオ法律事務所

イストワール法律事務所の特徴

  • 闇金問題に詳しいベテラン弁護士が対応
  • 闇金対策できる事務所では珍しい弁護士事務所
  • 受任日に即日解決をモットーにしている

イストワール法律事務所の総評

イストワール法律事務所は弁護士事務所では珍しく、ヤミ金対策に精通した弁護士生が対応してもらえる事務所です。
警察とも密接に連携していて、告訴状を提出する際にも弁護士事務所なので対応は迅速。
ヤミ金業者が凶悪で解決に手間がかかる場合、弁護士事務所なら司法書士に比べて使える権限や手段が多いのでスムーズな解決が見込めます。
北海道から沖縄まで全国対応で、なんと離島まで対応できるという対応エリアの広さも魅力ですね!

 
 

「ヤミ金対応」ウォーリア法務事務所

ウォーリア法律事務所の特徴

  • 闇金問題に特化した法務事務所
  • 実績豊富で闇金の行動パターンを熟知している
  • 解決後のアフターケアが手厚い

ウォーリア法律事務所の総評

代表司法書士の坪山正義氏はお名前が「正義」なだけに「戦う!正義の司法書士」というコピーが印象的。 実際に公式サイトをご覧になれば頼れる事務所というのは直感的に伝わると思いますし、実際に闇金問題に特化してかなり多くのの実績があります。 解決した方への電話サポートも手厚くて、後々のフォローにこれほど熱心な法務事務所も珍しいです。 成功報酬で1件50,000円(税別)、相談は無料。もちろん全国対応です。

 

 

 

闇金の解決までの流れ

上記のおすすめ事務所または、他の闇金対応事務所などに相談をした場合の解決までの流れを簡単にご紹介します。

 

電話やメールでのヒアリング

まずは闇金業者の名前、簡単な取引の経緯(借り入れ金額や返済金額など)を答えます。
後日の相談日までに備えて揃えておく書類や、相談日に持参する物などを教えてもらいます。

 

対面での相談

事前のヒアリングで指定されていた書類などに基づいて、プロによるアドバイスを受けます。
準備しておく書類などの例
契約書
借用書
返済を行った際の振り込み明細
通帳
闇金を知ったきっかけとなったチラシや名刺、ダイレクトメール

 

場合によっては闇金以外の借金の相談も一緒にできます。
必要であれば一緒に持参しておくといいでしょう。

 

ここまでは相談なので基本的に料金はかかりません。

 

正式な依頼

相談内容に納得した場合には、契約書や委任状を作成し、そのまま契約となります。
正式な依頼をした後は闇金業者との交渉は法律事務所が全て請け負ってくれます。
法律事務所によって完全成功報酬型など、支払い形態が異なりますので、この部分については相談の段階できちんと確認しておきましょう。

 

受任通知の発送

正式な依頼をした当日に、法律事務所から闇金業者へ受任通知が発送されます。
法律上、この通知を受け取った闇金業者は債務者への請求をできなくなりますので、取り立てはここでストップします。
もし闇金業者から電話がかかってきてもこの電話には極力出てしまわないように注意しましょう。
万が一出てしまった場合にはすぐに切って大丈夫です。

 

あとは法律事務所に任せておけば大丈夫です。
早ければ1週間程度、遅くとも1ヶ月程度で無事解決します。

 

現在、金融庁では「ヤミ金融対策法」という法律を成立させ、闇金問題で悩む方々の救済や、闇金業者の排除に力を注いでいます。
そして、無許可の闇金業者に対しては、懲役刑や罰金刑などで対応を行っています。
闇金業者としても、これらの刑罰をくらってしまったらたまったものではありませんよね。
つまり、闇金業者にとっては法律家が最も恐ろしい存在であるということです。
闇金の厄介なところは、あの手この手で利用者に完済させないという点にあります。
闇金問題でお困りなのであれば、一人で悩みを抱え込んでしまうのではなく、今すぐに弁護士事務所や司法書士事務所へ連絡を入れ、問題解説に向かう第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ヤミ金がターゲットにする人

ヤミ金のターゲットになりやすいのはこんな人

ヤミ金も馬鹿ではありませんので、他人からお金を絞り取る前には、必ずその人物がターゲットとして適切かどうか確認します。
そして、以下に該当する方は、ヤミ金のターゲットになりやすいと考えられています。

 

多重債務を抱えている人

多重債務を抱えており、それを毎月きちんと返済していれば問題ありませんが、少しでも返済が遅れると、貸付を行った会社から個人情報がヤミ金に渡ることがあり、いきなり見知らぬ人物から電話が掛ってきたり、ハガキなどで案内が届いたりすることがあります。

 

個人事業主

資金繰りで困っている個人事業主、または、倒産しそうな零細企業の経営者もヤミ金のターゲットになりやすいといわれています。

 

自己破産や債務整理を行っている人

自己破産や債務整理を行っている方は、信用情報機関にその情報が掲載され、長い場合では10年間、その情報が消されずに残ります。そして、そこを狙うのがヤミ金です。

 

高齢者

働きたいと考えても、受け入れ先がなかなか見つからず、失業状態になっている高齢者を狙うのがヤミ金です。
さらに年金受給者の場合では、年金を担保にお金を貸すという、甘い誘い文句でヤミ金のターゲットにされてしまうこともあります。

 

無職の人

失業中の方や、職業を持たない専業主婦の方が、ヤミ金のターゲットにされることがあります。
消費者金融の中には、配偶者に収入があることを前提として、主婦に対して融資を行っている会社もあります。
ですが、一般的な消費者金融よりも審査が甘いなどの誘い文句で主婦を狙うのがヤミ金です。
また、無職の状態では銀行や消費者金融での借り入れが難しく、そこに浸け入って貸し付けを行うのがヤミ金のやり方です。

 

生活困難者

生活保護を受給している方の場合では生活に最低限必要な金額は支給されますが、それだけでは生活費が不足することも考えられます。
そして収入が低くても借りられるという名目で、生活保護受給者などの生活困窮者を狙うのがヤミ金です。

 

ブラックリスト入りしている人

現在までにどこかの金融機関から借り入れを行い、返済が滞った場合には、ブラックリストとして登録されることになります。
そして、ブラックリストに登録されると、各金融機関にその情報が回り、どこからもお金を借りることができなくなってしまいます。
そして、ブラックリスト入りでもOKという名目で、ブラックリスト入りしている人を狙うのがヤミ金です。

 

これらに該当する方は、いつご自身がヤミ金に狙われるかわかりませんので、甘い言葉に乗ってしまわないよう、くれぐれも注意して下さいね。

ヤミ金の種類

ヤミ金には様々な種類があります。
手口はどんどん巧妙化していますので、「知らない間に闇金の被害に遭っていた」なんてことにならないように注意して下さい。

 

トイチ型

10日で1割の利息が発生するヤミ金です。
たとえば、10万円を借りた場合では、翌日にはすでに1万円の利息が発生することになります。
つまり、年365%の利息ということになりますね。
翌日11万円になった借入金には、さらにトイチの利息がつきますので、その翌日には12万1千円になります。
このようにして、気がついたらどんどん利息が増えて行くというのがトイチ型のシステムです。

 

紹介屋型

自分では貸し出しをせず、他の業者を紹介し、手数料をガッポリいただくというのが、紹介型のヤミ金です。
このタイプのヤミ金は、「うちでは審査が通らなかったけど、私が口を利いていい業者を紹介してあげる」など恩を売りつつ、しっかりと利息を取ります。

 

整理屋提携型

多重債務でどうにもならなくなっている債務者に対して債務整理のアドバイスを行い、「いい弁護士を紹介してあげるから」など言葉巧みに債務者を騙し、お金を振り込ませたらそのまま姿をくらますヤミ金です。
そもそも、見知らぬ人がいい弁護士なんか紹介してくれるはずがありません。
また、整理屋自身が弁護士と名乗り、債務者に近づくこともあります。
このようなときには名刺が渡されますが、後日確認してみたら名刺の弁護士は架空で、弁護士事務所自体も存在していなかったという話は本当によくあります。

 

システム金融型

主として、資金難に陥っている零細や中小企業を食い物にしようとするヤミ金です。
このヤミ金は、電話やFAX、DMなどで低金利融資を謳い、いかにも企業救済のようにして近づいてきます。
そして、すぐに融資するという約束で、手形や小切手を預かります。
そして、実際にお金を貸し付けると、一度に満額の返済金を受け取らず、数回に分けて返済金を振り込ませます。
すると、残りの返済額に利息がつき、いつまでたっても返済することができないというスパイラルにはまり込んでしまいます。
一見親切そうに思えてしまうのがシステム金融型ヤミ金ですので、融資話の段階で手形や小切手の話が出たらまずは疑ってかかりましょう。

 

無登録ヤミ金型

金融庁や自治体に登録の届け出を出しておらず、口約束だけでお金を融資するヤミ金です。
このタイプのヤミ金は、1万円や5万円など、比較的小さな金額の融資を行うことが多いという特徴があります。
すぐにお金を貸してくれるところまでは良いのですが、その利息はトサン(10日で3割)、トゴ(10日で5割)、ヒサン(1日で3割)という、法外な利息がつけられています。
少しでも返済が遅れると、職場などにも遠慮なく督促の電話がかかってきます。
いわゆる090金融などがこれに当たりますので、携帯電話1本で営業を行っている業者を見かけたら、無登録型のヤミ金を疑い、絶対に近づかないように注意しましょう。