消費者相談センターの利用

消費者相談センターってどんなところ?

独立法人・国民生活センターと連携を取りながら機能している期間を、消費者相談センターと呼びます。
消費者相談センターでは、私たちが日ごろ利用している商品やサービスに対する問い合わせ、または苦情を受け付けており、「消費者ホットライン」で電話相談を行うことができます。

 

たとえば、ローンを無理やり組まされて商品を購入したけれど、クーリングオフするにはどうしたら良いのか?
買い物に出かけた店舗で不当な扱いを受けたが、どうすれば良いか?
など、私たちの生活に密着している問題の解決をサポートする役割を持っています。
そして、ヤミ金問題に関しても、もちろん相談することが可能です。
消費者相談センターは、全国の各都道府県に複数個所設置されており、年末年始を除く平日や休日の相談に対応しています。

 

消費者相談センターでヤミ金問題は解決できるの?

結論からお話ししますと、消費者相談センターへの相談だけで、ヤミ金問題を解決することはできません。

 

上記でご紹介したクーリングオフの問題であれば、現在の状況を確認した上でクーリングオフできるのかできないのか、できなかったときにはどのように対処すれば良いのか、という部分についてのアドバイスを受けることができます。
ですが消費者センターが直接、商品を販売した店舗に交渉することはできません。
そして、これはヤミ金も同様で、消費者相談センターが直接ヤミ金業者に交渉を行うことができません。
つまり、今後の生活のあり方についてのアドバイスを受けるに留まるということです。
消費者相談センターには、ヤミ金業者に法的な命令を下す権限がないからです。
ただし、消費者相談センターでは、ヤミ金に関する知識については説明くれるはずですので、相談すること自体が無駄になることはありません。

 

ヤミ金問題を根本的に解決するには?

警察署または法律事務所に相談するのが、最も適切な方法です。
ただし警察署の場合では、事件性が感じられない事案に関しては、当事者同士の話し合いによる解決を勧めることもあります。
つまり物的な証拠があって、なおかつ暴力などの被害を受けた際に相談すると良いのが警察署であるということですね。
一方で、法律事務所では契約書類などがあればすぐに動いてくれますので、今すぐにヤミ金問題を解決したいのであれば、こちらへの相談が適切でしょう。