ヤミ金業者の見分け方

ヤミ金業者はこうやって見分けましょう

営業許可登録の有無を確認する

新聞、雑誌、インターネットなどで広告を見かける金融業者のほとんどは、広告と同時に貸金業営業許可番号を掲載しています。
ですが、これをまともに信じてしまっては危険です。
というのは、ヤミ金の中には、実態のない偽の番号を堂々と掲載しているところがあるからです。
これを見破るには「登録貸金業者情報検索」で検索するのがいちばんの方法です。

 

利息を確認する

まともな金融業者の場合では、

  • 元本が10万円未満…年20%が上限
  • 元本が10万円以上100万円未満…年18%が上限
  • 元本が100万円以上…年15%が上限

このようになっています。つまり、これを超える利息が設定されている場合では、ヤミ金である可能性が高いということです。

 

総量規制が守られているかどうか

銀行を除く貸金業では、年収の3分の1を超える金額の貸し付けを行えないという法律が定められています。
この部分を無視して貸し付けを行おうとする業者は、ヤミ金である可能性が高いと考えられます。

 

この謳い文句には注意しましょう

  • 多重債務者の貸付OK
  • ブラックOK
  • 審査なし、即日融資可能
  • 低金利で借り換えを1本化
  • 500万円まで即日融資可能

どれもかなり魅力的な誘い文句ですね。
ですが、少し考えれば、多重債務やブラックリストに登録されている人が、簡単に融資を受けることができないということはわかるはずです。
そして審査がないというのもかなりおかしな話です。
審査は借入を行った人がきちんと返済して行けるかどうかの指標となりますので、この部分を割愛することはまず考えられません。

 

また、低金利で1本化というのは真っ赤な嘘で、実際には利用の債務負担がさらに増える仕組みになっています。
さらに、信用があるかないかわからない人間に、いきなり即日で500万円という大金を貸し付けるというのもどうかしていますよね。
お金に困っていてどこかで借りることができれば…このようにお考えの方は、ついつい、ヤミ金の広告に引き寄せられ、契約を行いたくなってしまうかもしれません。

 

ですが、うまい話には必ず裏があります。
一見他人に優しい言葉を並べ立てているようであっても、それがヤミ金であった場合にはその優しさはすべて嘘、あなたを陥れるための罠であると考えておいて間違いはありません。
今後、どこかで融資受けようとお考えの方は、今回ご紹介した注意事項をよく確認し、ヤミ金に捕まってしまわないよう十分に注意しましょう。