ヤミ金の手口

ヤミ金の奴らが使う手口はコレだ

 

押貸し

ある日突然、あなたの銀行口座に見知らぬ他人からお金が振り込まれていたら、あなたはどうしますか?
「しめしめ、儲かった」
「なんだかわからないけど、とりあえず貰っておこう」
「明らかに変。警察に相談してみよう」
そのときの感じ方や対応は人それぞれでしょう。

 

ですが、「儲かった」、「貰っておこう」と考えてしまった方は要注意です。
それは、不明な振込金がヤミ金業者からの振り込みである可能性があるからです。
これは、ヤミ金業者が行う「押貸し」と呼ばれる手口で、勝手に他人名義の口座にお金を振り込み、あとになって法外な利息の返済を迫るというものです。
そして、この振り込みを確認して、すぐに警察や法律事務所に相談してしまえば、最低限の傷で済みます。
ところが、こまめに通帳の記帳を行っていない方の場合では、通帳を確認して驚き、そこから行動することになります。

 

ではなぜ、このようにヤミ金業者から押貸し被害を受けることになるのでしょうか?
それは、闇のルートで口座番号の売買が行われていると考えられるからです。
たとえば、大手消費者金融などに借り入れのある方の場合では、その会社の社員がこっそりあなたの個人情報をヤミ金業者に売り渡している可能性があります。
そして、その情報がヤミ金業者全体に広がってしまった場合では、あなたはヤミ金業者のカモにされ、法外な利息を迫られることになります。
特に、多重債務を抱えている方の場合では、突然の振り込みに一瞬戸惑いながらも、「助かった」と思ってしまうかもしれません。
ですが、それこそがあなたをヤミ金地獄に突き落とす元凶となります。
ご自身の口座に身に覚えのないお金が振り込まれていたら、助かったとは思わずに、まずは警察か法律事務所へ相談しましょう。

 

キャンセル料請求

ヤミ金と知らずに融資を申し込み、それがヤミ金だと知ってキャンセルする方を狙った手口に、キャンセル料請求があります。
通常の金融業者であれば、利用者からキャンセルの申し出があった時点で手続きをストップさせますので、利用者に支払い義務が発生することはありません。
ですが、ヤミ金業者の手口は一味違います。

 

まず、キャンセルを申し出た時点で、
「手続きをストップさせることはできない。ストップさせるのであれば、損害金としてのキャンセル料を払え」
といった内容の封書やハガキが届くか、ヤミ金から直接電話連絡が入ります。

 

そもそもお金を借りていないのに、支払い義務が生じること自体がおかしいですよね?
ですが、執拗な電話攻撃に負けてしまったり、面倒になってしまったりして、支払う義務のないキャンセル料を支払ってしまう方がいるということも事実です。
また、家族や職場にヤミ金に申し込みを行ったという事実を知られたくないあまり、ヤミ金の言うがままに、キャンセル料を支払ってしまう方もいるといいます。

 

キャンセル料請求にはもうひとつ別のパターンもあります。
それは、明らかに法外な条件を持ち出し、利用者にあえてキャンセルさせキャンセル料を請求するという手口です。
法外な条件(異常に高額な利息など)を持ち出されれば、誰だって「これはヤミ金かも」と、気が付きますよね。
そして、この部分に浸け入り、利用者をキャンセル料地獄に陥れるのが、ヤミ金の手口です。
万が一、あなたがこのような状況になってしまったら、絶対にキャンセル料を支払ってはいけません。
その前に、警察か法律事務所に相談し、できる限り早い段階で解決しておくことが大切です。

 

ギャンブル金融

世の中にはさまざまな依存症があり、ひとたびなんらかの依存症になってしまうと、自分自身の意志ではどうにもならなくなってしまうこともあります。
依存症のひとつにパチンコや競馬などのギャンブル依存症があります。

 

パチンコの恐ろしいところは、たまたまフィーバーして大金を手にしてしまうと勝った時の記憶が鮮明に残り、また同じように勝てると思い込んでしまう事です。
負けが込んでいても、一度買ったら負けた金額分を取り戻せるというような勘違いをする人も実に多いです。

 

そして、このようなギャンブル依存症の方を狙うのが、ギャンブル金融と呼ばれている手口です。
この手口は、相手の個人情報などあらかじめ調べておかなくても、パチンコ店などで熱くなっている人を見つければ良いわけですから実に簡単です。

 

ギャンブル金融の手口を使うヤミ金では、あらかじめパチンコ店内で待機していることもありますが、その周辺をうろついてカモを探していることもあるといいます。
そして、パチンコで熱くなり、負けている人に対して融資話を持ちかけてきます。
ギャンブル依存症になってしまった方の多くは、負けてしまった分の金額をギャンブルで取り返そうとしますので、それをするためには新たに資金が必要になります。
その隙を狙って行われるのが、ギャンブル金融というわけです。

 

そして、ギャンブル金融の場合では、ヒイチ(1日1割)やヒサン(1日3割)という法外な利息が設けられていますので、ヒサンの場合では1万円借りて翌日に返すとしても、すでに利息だけで3千円もついてしまいます。
これが3万円になると、利息だけで1日9千円となり、返済期日が遅れるごとに、利息だけでどんどん膨らんで行くことになります。

 

この手口に引っかかってしまうのは主婦に多いといわれ、ヤミ金からの借金がどんどん膨らみ続け、最終的には配偶者に泣きついて解決させるというパターンが多くなってます。
これで済めばまだいいほうで、ほとぼりが覚めるとまたパチンコ店などに足を運び、何度でも同じ手口に葉まってしまうこともあるといわれています。
ギャンブルは絶対に行ってはいけないということではありませんが、依存症になってしまった場合では、たちの悪いヤミ金のカモにされてしまう可能性があるということを知っておきましょう。

 

他には競馬場でお金を貸し付ける競馬金融、競輪金融、競艇金融、さらに、賭博場で行われるポーカー金融などにも注意して下さい。
ギャンブルをどうしても止めることができないという方は、ヤミ金に引っかかってしまう前に、まずはその依存症状態を改善しなくてはなりません。
それには、心療内科などでカウンセリングを受け、しっかりと治療を行うしかありません。

 

まだまだある、ヤミ金の手口

上記でご紹介したのは、ヤミ金が使う代表的な手口です。
ですが、ヤミ金の手口はこれに留まることなく、以下の手口が使われることもあります。

 

090金融

住宅街の一角などに、ポツンと掲げられた「即日融資可能」と書かれた看板を目にしたことはないでしょうか?
このような看板には、090から始まる携帯番号が掲載されています。そして、これは間違いなくヤミ金であると考えられますので、これに引っかかってしまわないためには、とにかく電話を掛けないことです。

 

紹介屋

ある金融業者に融資を申し込んだとします。この場合、審査の電話連絡が必ず入りますが、その際に審査を通らなかったから、審査の甘い業者を紹介するとして、その紹介料をくすね取ろうとするのが紹介屋です。審査を通過することができず、他の業者を紹介するといわれた場合では、それは紹介屋である可能性が濃厚ですので、不用意に業者の紹介を受けてしまわないよう、注意しましょう。

 

年金担保

年金受給している高齢者がターゲットとなるヤミ金の手口です。年金を担保にお金を貸してあげると持ちかけ、その際には銀行の通帳や印鑑、年金手帳などを高齢者から取り上げます。そして、返済後もそれらは元の持ち主には返さず、延々と年金を絞り取り続ける悪質な手口です。

 

いかがでしょうか。
自分だけはヤミ金なんかに引っかからないと思っていても、彼らの手口は実に巧妙で、組織ぐるみで一人のカモからお金を絞り取り続けることもあります。
万が一ヤミ金に引っかかってしまったのであれば、一人で悩まずに、まずは警察か法律事務所に相談し、指示を仰いでみましょう。