ヤミ金の取り立てを警察に相談するのはアリ?

警察では闇金問題の相談に乗ってくれるのか?

闇金の取り立てで困ったとき、警察では相談に乗ってもらうことができるのでしょうか?
あまり知られていないかもしれませんが、警察では闇金問題に対する相談を受け付けています。

 

闇金はそもそも違法行為ですので、法の番人である警察としては、その排除に全力を尽くす必要があります。
以前では、警察署によっては「民事不介入」を前提に話を聞き、当事者同士で解決するように話を持って行ってしまったこともあったようです。
現在では貸金業に係る法律が厳しくなったこともあり、適当に話を聞かれてしまったり、門前払いを受けてしまったりすることはほぼありません。
闇金の取り立てで身も心もボロボロ。
このような状態になってしまっているのであれば、まずは警察へ闇金の被害届を提出してみましょう。

 

警察へ被害届を提出するには?

闇金の被害届は、お近くの交番ではなく、必ず所轄の警察署へ提出します。
そのためには、なにかしらの証拠があったほうが有利ですので、できれば取り立て時の音声などを録音しておくと良いでしょう。
また、実際に暴力を振るわれた場合では、医師の診断書がモノを言いますので、必ず病院で診察を受け、医師に診断書を書いてもらっておきましょう。
ただし、診断書を受け取るには数千円の費用が必要ですので、それが難しいというのであれば、怪我や傷の写真を撮っておいて下さい。
その際には、暴力を受けたときの状況や、日時をしっかりとメモしておきましょう。

 

そして、携帯電話の着信履歴も証拠になる可能性がありますので、闇金からの着信は消してしまわずに、そのまま警察署の担当者に確認してもらいましょう。
自宅や近所へビラが撒かれたり、ご自宅のドアなどにチラシを貼られたりしたのであれば、それらもすべて、警察署に持参しましょう。
その後、警察署から闇金へ連絡が入り、闇金側が納得したのであれば取り立てはストップします。
また、警察が危険であると判断した場合では、あなたのご自宅の周囲をパトロールしてくれることもあります。
これが、警察へ被害届を提出してから解決するまでの一連の流れですが、それでも取り立てがストップしないときには、弁護士事務所などの法律事務所に相談してみると良いでしょう。